知って得する豆知識 税務に関する時事的な問題の解説、他では聞けない経営の失敗談、成功談、税務事件簿、税務調査官の失言集など税務に関するさまざまな話を紹介していきます。

百貨店の領収書には気をつけろ!

変な話ですが、中小、零細企業の場合には百貨店で買い物をするとき会社の物と社 長個人的な物を購入することもあると思います。もし私はそんなことない、という方 はこの後読まれなくてもいいと思います。

話は戻りますが、この場合レジペーパーに は名目が出てしまうため「お品代」として領収書をもらうケースがあります。また外 商で購入するときも店員に「お品代」と書いてと言うと書いてくれます。しかし百貨 店の領収書の右上には番号がかかれています。実はこれがミソです。

今回税務調査でこの番号を全部控えていき、百貨店の経理部にいってレジペーパー の控えをすべてコピーして持ってきました。「でるわ、でるわ」 ゴルフウェア、バ スタオル、茶碗、ハンドバッグなど。

調査官は「これは全て社長の個人的なものではないか」との指摘でした。実際言わ れればそうなのかもしれませんが、正直税務署も完全な証拠がないので押し切れない のが実情です。

結局今回は一部分だけ贈答品ということでケリをつけました。(これ は法人税、所得税の問題ですが、贈答品と社長の私的流用では納税額はぜんぜん違い ます。)

またよく商品券を買って贈答品またはリベートとして処理しながら実際には換金し て社長が使っているケースもあるみたいですが、これも確実に足がつきます。気をつ けましょう。

最後に補足ですが、税務署も7月に異動がありますので何としても6月中には調査 にケリをつけたいのが本音です。今ですと粘るとかなりディスカウントできると思い ます。とにかく納得がいかなければ修正申告に応じない方がいいと思います。その辺 は税理士さんに相談してみて下さい。

お問い合わせ

このページの上に戻る