知って得する豆知識 税務に関する時事的な問題の解説、他では聞けない経営の失敗談、成功談、税務事件簿、税務調査官の失言集など税務に関するさまざまな話を紹介していきます。

私はこれで税理士を変えました。

第1回: 「度がすぎる節税提案で墓穴をほった事例」

「誰でもできるだけ節税して納税は少ないほうがいい」と考えるのは普通だと思います。この会社も年間300万円の利益が出ていたため、税理士が節税で保険の提案をしました。そこまではよくある話です。そこで提案した保険は、掛金300万円の定期保険(全損)でした。

社長は「利益は出ているがキャッシュはそこまでないのでこの保険は難しい、他に提案はないのか?」と。そこで税理士。「役員報酬を減らせばいい」(なんか本末転倒だと思うのですが。)

この言葉に社長と奥さんがぶちきれたとのことでした。「そこまでして保険のコミッションがほしいのか」

この話はもっと奥が深いのですが、決め手はこの事件でした。

 今回からの事例はこういう税理士もいるんだ、こういう人には引っかかってほしくない、と思い書いています。くれぐれも自分の眼で、自己責任で本当のパートナーとなり得る税理士を探して下さい。

お問い合わせ

このページの上に戻る