知って得する豆知識 税務に関する時事的な問題の解説、他では聞けない経営の失敗談、成功談、税務事件簿、税務調査官の失言集など税務に関するさまざまな話を紹介していきます。

人脈をお金で買う

創業したての会社で一番問題になるのはお金と販路。

お金に関しては最初の資本金と日本政策金融公庫の新規創業の貸付制度を利用すればスタートで500万円は集められるはず。後はそのお金が底をつくまでに実績をつめば次のステップとして信用保証協会付き融資や日本政策金融公庫での追加融資が可能になります。

そこで「実績」が一番の問題。簡単に言えば売上が上がればいいこと。 
クライアントのコンサルタント会社でメチャクチャ人脈をもっている会社があります。実際に何度か訪問しているのですが、副社長や顧問と言われる方を見たことがありません。そこで社長に聞いてみると「彼らは会社にこなくていいから仕事だけもってくればそれでいい」というスタンス。でもこれがまた山ほど仕事をもってくる。

なぜか?副社長や顧問という方はプロのスポーツマンや政治家の元秘書の方など。この人たちの人脈もすごいもので山のようにビジネスになるネタを持っている、ということです。

また同業の資産税専門の税理士で政治家が顧問をやっているところがあります。こういう方々の周りには不動産の売買や相続、贈与の案件がよくあります。その仕事をもってきてしまうわけです。この税理士さんもかなり儲けているそうです。

この辺の話しはみな「人脈をお金で買っている感覚」です。でもこれもおもしろいビジネスモデルではないでしょうか。最終的には会社が潰れては何にもならないのですから。

お問い合わせ

このページの上に戻る